特定のドッグフードがその犬には合わない場合もある

dogfoodinfo-38

基本的には、実績あるペットフード、ドッグフードであれば、大きな問題はないというのがdogfood-infoの考え方です。しかし、ほとんどの犬に問題なくても、特定の犬に、特定のメーカーのペットフード、ドッグフードが合わない場合もあります。厳密に言えばアレルギーのひとつなのかもしれませんが、大きく体調を崩すわけでなく、例えば、うんちが緩くなりやすい、また毛艶が悪くなる、などが起こる場合は確かにあるのです。他の犬には、全く問題なくても、その犬にはそういう状態が見られる、実際にそういう例がありました。

■スポンサーリンク

■愛犬の健康のために一度試してみてはいかがでしょうか。

ドッグフードの銘柄を変えたらうんちも毛艶もすっかり良くなった!

dogfoodinfo-39

以前、私たちが送り出したジャーマンシェパードの例です。そのジャーマンシェパードが、家庭犬トレーニングで送り出した後にまたやってきました。トレーニングはトレーニングで順調に行いましたが、そのジャーマンシェパードは、もう成犬なのに、体重が20g強ぐらいしかなく、痩せていて、うんちもいつも緩く、あまり状態の良い物ではありませんでした。そこで、トレーニング後に与えていたドッグフードの銘柄を、試しに違うものに変えてみてもらいました。その3か月後に、そのジャーマンシェパードに会いに行くと、トレーニングを行っていた時とはまるで別の犬になったように、体格がよくなり、特にくすんでいた体毛が、見違えるように艶のある体毛に変わっていました。飼い主さんによると、ドッグフードを変えてから、ウンチの状態も良くなり、どんどん肉付きも良くなり、体重も10㎏ぐらい3か月の間に増えた、とのことでした。ドッグフードによって、こんなに犬の状態が変わるのか、と驚いたのでした。

特定の犬に、特定のドッグフードが合わないというだけ

dogfood-info

具体的に言えば、そのジャーマンシェパードに与えられていた元々のドッグフードは、サイエンスダイエットです。元々ブリーダーのところで、そのフードが与えられていたので通常はそのフードを継続してもらいます。もちろん、そのブリーダーのジャーマンシェパードのほとんどは、サイエンスダイエットで問題なく、成長して見た目も立派なジャーマンシェパードになっています。しかし、そのジャーマンシェパードには、何かが合わなかったようです。結果として、ロイヤルカナンに変えたところ、前述の通り、見違えるような容姿に変貌したのでした。決してサイエンスダイエットが悪いドッグフードということではありません。ロイヤルカナンが特別に良いということでもありません。たまたま、そのジャーマンシェパードには、サイエンスダイエットは合わずに、ロイヤルカナンが合っていた、ということなのです。

【スポンサーリンク】


何か気になることがある場合は、ドッグフードを変えてみる!

dogfood-info

もし、市販のペットフード、ドッグフードを与えていて、うんちが緩いことが多い、体重が乗ってこない、毛艶が今一つよくない、というような場合、ペットフード、ドッグフードのメーカーを変えてみるのもひとつの方法だと思います。そのメーカーで使われている成分の何かが、一般的には問題なくても、その犬には合わない場合があり、メーカーを変えるだけで、劇的に犬の状態がよくなる場合があるのです。もちろん、ドッグフードの銘柄や種類を変えただけで絶対に改善されるということではありません。そういうこともある、という話です。だから、何か犬の状態で気になることがあれば、ドッグフードの銘柄を変えてみる、というのも、試してみる価値は十分あると考えています。

いくつかの種類のドッグフードを試してみる

dogfood-info

特に犬の状態で大きく気になる点はなくても、たまにドッグフードを変えてみるのも良いと思います。いくつかの種類のドッグフードを選んで、ひとつの銘柄あるいは種類のドッグフードを一定期間、例えば1か月~3か月ぐらい与えてみる。その期間が過ぎたら、別の銘柄のドッグフードに変えて、同じくらいの期間与えてみる。そのあとまた、別の銘柄のドッグフードに変えて犬の状態を見てみる。というように、いくつかの種類のドッグフードを与えてみて、与えている間の犬の排泄物の状態や犬の体調、体格、容姿などに変化があるかどうか比べてみるのです。特に問題なく、犬の状態に違いも出なければ、それらのドッグフードは、その犬に問題ない、ということになるでしょう。また、違いが出れば、よりよい方を残していくことにより、よりその犬に合ったドッグフードが見つかると思います。

ドッグフードをローテーションする

dogfood-info

いくつかの種類のドッグフードの中から、その犬に合っていると判断できるドッグフードをいくつかピックアップして、そのフードを一定期間ごとにローテーションして与えていく、という方法があります。例えば、特に問題ないフードでも、同じ銘柄、種類のドッグフードを長期間与えていると、万が一そのドッグフードの何かの成分が長期間与えられたことによる蓄積で何らかの健康リスクを引き起こす可能性があり得るかもしれません。しかし、いくつかの種類のドッグフードを一定期間ごとにローテーションしていれば、そのリスクは大幅に下がります。人間もそうですが、同じものばかりを食べていると何らかの健康リスクがある可能性があるので、そのリスクを分散する対策として、ドッグフードのローテーションは有効な方法です。

次のページは ベストは手づくりドッグフード!だけど…


■スポンサーリンク

▼ドッグフードについての考察メニュー


▼各種ドッグフードのご案内へ