市販のドッグフードは危険なものがほとんどなのでしょうか?

市販のドッグフードは与えるべきではない???

dogfood-a1

ドッグフード、ペットフードについて調べてみると、ネットであれ、書籍であれ、ほとんどの情報は、あまり市販のドッグフードに肯定的ではないようです。特にネットでドッグフード関連のキーワードで上位に表示されるドッグフードの比較サイト的なページでは、市販されているほとんどのドッグフードは犬に対して安全ではない、と紹介されています。そしてごくわずかに推薦されるものは、どこのサイトでもほぼ同じ銘柄です。

■スポンサーリンク

私たちは犬に危険なフードを与えているのか?

dogfood-a2

では、一般の犬の飼い主さんは、ほとんどの人が犬に対して危険なフードを与えている、また危険とは言わないまでも、犬の体によくないフードを与えている、ということになります。なんということでしょうか。少なくとも、犬を飼っている人にほとんどが自分の飼っている犬をとても愛していると思います。そんな愛犬に、犬の体を悪くするようなフードを毎日与えているなんて・・・。

市販のペットフード、ドッグフードは本当に危険なのか?

dogfood-a4

でも、本当に限られた数のブランド以外のペットフード、ドッグフードは危険なのでしょうか?dogfood-infoの意見は、少し違います。懸念すべきところはあるとは思いますが、現実的に考えれば、市販のドッグフードについてそんなに神経質にならなくて良いのではないか、つまり現在市販されている主要なペットフード、ドッグフードは危険なフードではない、という意見です。

実際の事件、事故例は?

dogfood-a5

市販のドッグフードに対する危惧を主張する意見を否定はしません。過去には中国産の原料がもとで、関連するドッグフードを与えられた犬の多くが死亡してしまった、という事件もありました。しかし、例えばホームセンターで売られている格安ドッグフードを食べ続けた犬が、それが原因で死亡した、というような記事は見た記憶は、今のところ全くありません。

【スポンサーリンク】


人間の食の安全問題は?

dogfood-a6

さて、振り返って人間の食の問題はどうなのか?ここ数年、人間の食の安全に関する事件、問題が頻繁に取り上げられています。もちろん、明らかに故意、また中国で見られたような常識を逸した工場の実態は論外です。でも、普通にスーパーに売っている食品に対しても、買ってはいけない、食べ続けると死のリスク、のような表現が多数みられます。でも、現実的な生活の中でどの程度の人がそれに従った食生活をしているでしょうか。

市販のドッグフードのほとんどが危険だという理由は?

dogfood-a7

犬に与えても問題ない、と推奨されているごく限られた数のドッグフードは、どんな条件をクリアしているのでしょうか。言い換えると、ドッグフードとして良しとされる条件は何なのでしょうか。おおまかに言うと、だいたい次の条件がどこのサイトでも挙げられています。逆に言えば、この条件に合わないドッグフードは危険なフードとされてしまうようです。

  1. 肉主体のフードであり、使用されている肉の種類が明記されていること。
  2. 使用される穀物は安物でなく良質なアレルギーになりにくい素材であること。
  3. 添加物、防腐剤が入っていないこと。
  4. 人間が食べても問題ないこと。

肉主体のフードであるべき理由は?

dogfood-a8

肉が主体で穀物類はできるだけ使用しない、という理由は次の理由によります。「もともと犬は肉食動物であり、体の構造も肉食に適した作りになっている。従って、草食動物と違い、犬の体は穀物や直物を消化しにくい動物である」簡単に言うと、犬はもともと肉食動物だから肉が主体でないフードは犬には適していない、ということです。ただ、現在の犬が肉食動物である、と言えるのかどうか、まずはそこを考える必要があると思います。

次のページは 犬は肉食動物なのか?それとも…?


■スポンサーリンク

▼ドッグフードについての考察メニュー


▼各種ドッグフードのご案内へ