犬の体重、状態から概略の犬が1日に必要なエネルギー量(ドッグフード量)の目安を計算できます

市販のドッグフードには、必ず体重で区分された犬に与える量の目安が記載されています。

しかし、より犬の状態に合わせて、1日に犬に与えるエネルギー量の目安を計算できます。

すぐに計算機を使いたい方は、こちらをクリックして前置きをスキップしてください。

犬に必要なエネルギー 計算に必要な情報

犬が1日に必要とするエネルギー量の計算に必要な数値は、犬の体重のみです。

さらに、対象とするドッグフードの100g当たりのエネルギー量(kcal)がわかれば、与えるドッグフードの量(g)がわかります。

下の計算フォームでは、仮に378kcal(ロイヤルカナン インドアライフ アダルトの100g当たりのエネルギー量)で入力しています。

ただし計算に際しては、その犬の年齢、状況、状態などを確認しておく必要があります。

  • 犬のライフサイクル 子犬(月齢)・成犬・高齢犬
  • 避妊・去勢しているか否か
  • 肥満、あるいは肥満傾向にあるか否か
  • 妊娠・授乳しているか否か
  • 特別な運動・労働をしているか否か

普通の犬であれば、下の2つはあまり関係ないと思います。

これらの犬に関する情報を確認して頂き、下の計算フォームで計算1日にその犬が必要とするエネルギー量、および1日に当たるドッグフードの量が計算できます。

市販のドッグフードには、必ず与える量の目安の分量が書いてありますので、基本的には、その分量を目安にして良いと思いますが、より細かく調整する際の目安として下の計算フォームをご利用ください。

*ただし、ドッグフードに記載の値や、下の計算式での値は、あくまでも、ひとつの目安としてお考えいただき、必ず、実際の犬の体つき、体重、便の状態などから与える量は調整してください!

犬に必要なエネルギー 計算フォーム

*それぞれのドッグフードメーカーは独自の算出式を持っていると思われます。

従って、この計算値から算出したドッグフードの量と、ドッグフードの袋に記載の値に若干のずれがある場合もあります。

その時は、ドッグフードに記載の基準となる量を普通の成犬(避妊・去勢なし)を1として、他の条件を付ける場合は、下記の係数をかけてみるのも一つの方法です。

これも含めて、最終的には飼い主さんの判断で目安となる量を決めて下さい。

ただし、繰り返しになりますが、ドッグフードに記載の値や、下の計算式での値は、あくまでも、ひとつの目安としてお考えいただき、必ず、実際の犬の体つき、体重、便の状態などから与える量は調整してください!

  • 子犬 生後4か月以内    × 1.67
  • 子犬 生後4か月~成犬   × 1.11
  • 成犬 避妊・去勢していない × 1
  • 成犬 避妊・去勢している  × 0.89
  • 成犬 体重が増加傾向    × 0.78
  • 成犬 体重の減量が必要   × 0.56
  • 高齢犬           × 0.78
  • 運動・労働 軽度にしてい  × 1.11
  • 運動・労働 中程度にしている× 1.67
  • 運動・労働 かなりしている × 2.22
  • 妊娠している 初期42日間  × 1
  • 妊娠している 後期21日間  × 1.67
  • 授乳している 少数     × 2.22
  • 授乳している 多数     × 4.44