人間が食べられるものだけを犬に与えるべきなのか。

dogfoodinfo-032

ネットでいろいろと調べていると、「人間が食べられないようなペットフードをなんで犬に食べさせられるのか」、的な内容をよく見ます。でも、これも少し疑問を感じます。人間と犬は家族として一緒に生活していても、やはり人間と犬は違います。犬が人間と同じものを食べていたら、すぐに犬は健康問題が起こり、寿命が縮まってしまうことでしょう。また、人間がよく食べる食材のなかにも、犬が食べると死の危険に瀕してしまう食材もあります。

■スポンサーリンク

■愛犬の健康のために一度試してみてはいかがでしょうか。

人間が食べられるものとは何なのか?

dogfoodinfo-033

「人間が食べられるもの」とは何なのか、これがひとつ疑問です。同じ人間でも、国によって、地域によって、国の状態によって、人間が食べられるものの範囲は、大きく変わってきます。地球上には、満足に食事を出来ない、飢餓で苦しんでいる人、地域はまだまだあります。そういったところでは、日本人が食べられない、というようなものでも、大切な食べ物として扱われていることでしょう。ましてや人間と犬は、体のつくり、構造など全く違います。だからこそ、人間には問題なくても犬には大きな危険がある食べ物があり、またその逆もあると思うのです。

自分が食べられるものを犬にも与えたい気持ちはわかります

dogfoodinfo-034

犬に与えるフード=人間も食べられるもの、では必ずしもないと思います。でも、愛犬に与えるフードは、自分でも食べられるものにしたい、という気持ちはよくわかります。だから、決してそれを否定するつもりもありません。それが理想なのかもしれませんね。ただ、人間が食べられないから犬に与えるべきではない、という考え方に少し違和感を感じるのです。つまり、市販のドッグフードを人間が食べられるかどうかは、必ずしも重要ではないと思うのですが…。

【スポンサーリンク】


人間の食も、100%確実に安全なものを食べ続けられるのか?

dogfoodinfo-035

確かに大量に体に入れると問題をおこす可能性のある成分を含んでいるペットフード、ドッグフードもあるでしょう。でも、人間の食べるものでもそれは同じだと思います。人間だって、100%安全で信頼できる食べ物を探すのは簡単ではなく、たとえ探せたとしても、その食べ物だけを生涯食べ続けるのは一般庶民には難しいと思います。もちろん、それが理想であり、そうあるべきだとは思うのですが…。

現在、ほとんどの市販ペットフードは問題ないのではないか

dogfoodinfo-036

確かに理想を求めれば、ごく限られたペットフード、ドッグフードしか選択すべきではないのかもしれません。しかし、人間の食事情も踏まえ、現実的に考えると現在販売されている主要なメーカーのペットフード、ドッグフードは愛犬に与えても問題はないと判断します。現在、先進国では、粗悪な品質の商品の発覚が、その会社の売上のみならず、会社の存続の危機にもなり得ることは、周知の事実だと思います。もちろん、ペットフードメーカーもそれを踏まえて商品を開発、販売していると信じます。従って、現在販売されている主要なメーカーのペットフード、ドッグフードに避けるべき大きな問題はないのでは、と考えています。

次のページは その犬に合わないドッグフードもある!


■スポンサーリンク

▼ドッグフードについての考察メニュー


▼各種ドッグフードのご案内へ