100%手作りではなくても、ペットフード+トッピングで…

dogfood-info

市販のペットフードで総合栄養食と表示のあるものは、基本的にはそのフードと水だけを与えていれば犬の健康は保たれるはずです。したがって、毎日適量の市販ドッグフードと十分な水さえ与えていれば、愛犬の健康状態には問題ないはずえす。その犬に合わない場合、を除いては。でも、毎日それだけではなんとなく可哀想、と思われることもあるかと思います。と言って手作りのフードを毎日、毎食作って与えるのは、簡単ではありません。そんな時は、ペットフードに犬が食べても問題ないような食材を、適量トッピングしてあげるのが良いと思います。その場合も、もちろんのことながら、犬の禁止食と言われる食材には注意して、ということは忘れずに。

■スポンサーリンク

野菜や肉などを少量ドッグフードに…

dogfood-info

主食はドッグフードなので、トッピングは野菜であれ、肉類であれ、適量というより少量と言った方がいいかもしれませんね。野菜類はタマネギ類など犬にリスクのあるものは当然避けるべきです。うちの犬たちも、若干好みの違いはありますが、キャベツや蒸かしたカボチャやサツマイモなどは比較的みんな好んで食べます。肉類では、熱を通したささみなどを与えています。生肉は避けるべきです。生肉はビタミン豊富ですが、細菌などのリスクを考えれば、与えるべきではありません。肉類は必ず火を通してから与えることを推奨します。

トータルのカロリーには注意!

dogfood-info

野菜の場合は適量であればあまり気にする必要はないかもしれませんが、肉類の場合は、ドッグフードとのトータルのカロリーも考えて与えてあげてください。ドッグフードの適量に、肉類をプラスしてしまうとカロリー過多となってしまいます。逆にメタボ対策として、減量目的で野菜類を少し多めにする、という方法も一時的には有効な場合があるかもしれません。でも、あくまでも主食はドッグフードと考えて与えるべきです。また、トッピングとはいえ、偏りのリスクを減らすために、毎日同じものをトッピングするのではなく、数種類の野菜や肉類などをローテーションすると良いでしょう。

【スポンサーリンク】


犬がトッピングだけを食べるようにならないように!

dogfood-info

ドッグフードに野菜や肉類などをトッピングをする場合にもうひとつ注意しなければいけないことがありあす。それは、犬がトッピングだけを食べて、ドッグフードを残してしまわないようにすることです。そういう場合は、トッピングというよりも、ドッグフードに混ぜて与えてみてください。それでもドッグフードを残すようであれば、その食材はやめるか、しばらくトッピングなしに戻しましょう。総合栄養食のドッグフードだけの場合は問題ありませんが、ドッグフードを食べずにトッピングだけを食べるようになってしまっては、必要な栄養素を取れないことになってしまうので、本末転倒になってしまいます。

次のページは 数あるドッグフード、どう選ぶか?


■スポンサーリンク

▼ドッグフードについての考察メニュー


▼各種ドッグフードのご案内へ